多くの利用から好評|フレッシュハウスの魅力を徹底解説

作業員

制約条件を確認しましょう

家の骨組み

勝手に直せない部分がある

姫路のマンションリフォームには様々な制約があります。制約条件には、どうしてもできないことと、できないことはないが予算がかかってしまう場合があります。その差を整理しながら姫路のリフォームプランを検討してゆきましょう。マンションには全体を支える構造や皆で利用する部分があり、そこは個人で勝手にはリフォームできません。構造に関わる柱形や梁形は、出っ張りが邪魔でもなくすことはできません。姫路のマンションリフォームで、直せる範囲を大まかにいうと、自分の住まいの室内で、内装の表面的な仕上げ部分までが、法律的には専有部分ということになります。内装は基本的に自由に変更できますが、費用面を考えると不確定要素も多いです。例えば床下の構造はマンションによって、また洋室と和室の差によっても異なります。和室を洋室に変えたり、複数の部屋をまとめたりする時は、床組みから直さなければならないことがあります。またバルコニー側の敷居の高さは個人では変更できないので、床の高さを調整するような工事費が発生する場合があります。姫路のマンションリフォームの場合、特に水回りのレイアウトや使用できる設備の点で、一軒家よりも制約が多くなります。給排水などの配管は共用スペースにある管につなぐので、その位置が限られます。特に排水は勾配がないと流れません。また延長が可能でも広い範囲の床を改修するような費用も不随します。同様にレンジフードも排気ダクトなどへの接続位置が限られ、天井の構造によっては延長することが難しいケースがあることを知っておいてください。